ビッグファイブ診断テストを無料で受ける方法!

ビッグファイブは心理学者・科学者から最も信頼されている性格分析理論で、それを元に作られたのがビッグファイブ診断です。

  • 開放性
  • 誠実性
  • 外向性
  • 調和性
  • 情緒安定性

テストを受けることで、上記5つの強弱を判定することができます。誠実性が高いからいい、開放性が低いから悪いということではなく、自分を客観的に分析するきっかけになるテストです。

ただ、ゴールは苦手なところを克服するのではなく、自分の強みを伸ばすことです。

なぜなら、強みをベースに生きることで幸福度が上がり抑うつ傾向が低下することが分かっているからです。

アメリカの心理学者であり職場改善のプロとして著名なMichelleの最新の研究「Strengths Lab 2019 Workplace Survey」では、労働者が自分の強みを発揮できる環境で仕事をする場合、仕事の満足度が7倍、成果に結びつく可能性が3倍も高くなることが分かっています。

マネジメントの父と呼ばれるピーター・ドラッカーはこう言っています。

何事かを成し遂げられるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。もちろん、できないことによって何かを行うことなど、とうていできない。

そのため、結論、苦手なことは知らなくてもよく、強みさえ把握できればそれでOKです。

ビッグファイブ診断でそれを探るのもいいですが、残念ながらビッグファイブ診断のデメリットは質の低さです。

というのも、無料でできる数多くの診断テストがありますが、どれも10問~20問程度のテストなんです。それだけで、「あなたは〇〇です」と分析されても、納得できなくないですか?

少なくとも私は納得できません。

なので、国内でもビッグファイブ診断以上に質問数も多く精度の高い診断テストがあるので、それを受けるのも一つの方法です。

1つおすすめのテストをご紹介するとすれば、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめです。

リクナビNEXTとは、リクナビの転職板サイトです。誰でも無料で利用できますが、無料といえど、このグッドポイント診断はかなり本格的です。

このような質問に約300問回答し、回答を終えたら、下記の18の強みの中から、あなたの強みを解説付きで5つ教えてくれます。

私はこのテストを受けたのですが、10問~20問のテストではないので、こっちの方が納得できましたよ。私の友人にも教えてあげたのですが、グッドポイント診断だけで十分と言っていたので、ビッグファイブ診断よりおすすめですよ。

会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのマイページから診断できます。

・15問のビッグファイブ診断テストを受けるなら下記より
https://commutest.com/bigfive/